仕事を知る

企画職

企画職

企画担当の、ある一日の流れ

ユーザーのニーズを取り入れた、新しいサービス・コンテンツを企画し、世の中に生み出す仕事です。0から1を作り出すものもあれば、様々な視点から見直しを行い、既存のサービス・コンテンツからも、新しい価値を創造することもあります。

 

■仕事内容■


・スマートフォン向けアプリの企画

・アプリ開発、新規サイト提案・立ち上げ

新規アプリ、サイトのコンセプト案の提案やニーズ・ターゲット層等の調査

・既存サイトの企画・運営

既存サイトの特集などの企画、素材制作管理や入退会員数・ダウンロード数等の管理


『新しい』を創り出す


企画したものを、形にして提供できるのが企画職です。企画したサービス・コンテンツは、提供を行なうことによって、どんな新しい感動や喜びが、ユーザーに生まれるのかを想像しながら企画していき、ユーザーに与える『新しい』を創り上げます。

 

ユーザーの声が仕事のやりがいに


会員数、コンテンツ使用率、ダウンロード率などの数値資料やその時代に合わせた流行をメディア・周りの人の声から読み取り、世の中のニーズをいち早くサービス・コンテンツに反映させていくことが重要となります。ユーザーの方から「このコンテンツは良かった」などの声をいただくことが出来たときが、ユーザーの気持ちをつかめた瞬間であり、企画職としてのやりがいになります。

 

求められるスキル


・アンテナを常にはり、流行を逃さない情報収集力

・世の中の流行・ニーズをいち早く企画に落とすことができる企画力

・企画実現に向けて、関わる人を説得することができるプレゼンテーション能力

・サービス・コンテンツを企画案、スケジュールどおりに遂行することができる管理能力

・実施後のユーザーの動向を見て、今後の展開の予測や次回への反省を考察できる分析力

PAGE TOP