プレスリリース

プレスリリース

2020.5.18

国際NGO セーブ・ザ・チルドレン主催「#SaveWithStoriesキャンペーン」へ「森のえほん館」の絵本を提供―新型コロナウイルス感染症の影響を受ける子どもたちのためにー

株式会社アイフリークモバイル(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:上原 彩美、以下 当社)のグループ会社、株式会社アイフリークスマイルズは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けている親子のみなさまへ向けて、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが主催する著名人の絵本読み聞かせプロジェクト「#SaveWithStories(セーブ・ウィズ・ストーリーズ)SNSキャンペーン(以下 本キャンペーン)」へ、絵本アプリ「森のえほん館」で配信している絵本の一部を無償で提供することをお知らせいたします。

 

新型コロナウイルス感染症の影響は未だ続いており、世界中の多くの子どもたちが学校の休校、休園や外出の自粛を求められる状況にあります。不安を抱えて過ごす時間が長引くことに伴い、親子のストレス増加も懸念され始めています。当社も多くの親子に笑顔を届けたいと、絵本読み聞かせ動画の特別配信などの対応を実施してまいりました。

そのような当社の対応に関心をいただき、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンより、本キャンペーンの協力依頼がありました。当社は、外出のできない子どもたちやその家族へポジティブなコンテンツを届けたいという想いに賛同し、今回の取り組みを実施する運びとなりました。

 

#SaveWithStoriesセーブ・ウィズ・ストーリーズ)キャンペーンとは

新型コロナウイルス感染症の大流行による混乱の中、外に出ることのできない子どもたちとその家族に、楽しく、そして教育的なコンテンツを提供し、子どもたちにポジティブな影響を与えるために行われているソーシャル・キャンペーンです。米国・セーブ・ザ・チルドレンの評議員であり、映画俳優のジェニファー・ガーナーが俳優仲間のエイミー・アダムスとともに企画・展開を始めました。新型コロナウイルス感染症の大流行によって影響を受けている子どもたちとその家族へ、教育的で楽しいコンテンツを提供するのと同時に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子どもたちへの支援のための募金を呼び掛けています。

 

プレスリリース:

子どもたちに物語を-#SaveWithStories 著名人による「読み聞かせプロジェクト」

セーブ・ウィズ・ストーリーズSNSキャンペーン開始

https://www.savechildren.or.jp/scjcms/press.php?d=3257

キャンペーンページ:https://www.savechildren.or.jp/lp/savewithstories/

 

■#SaveWithStories 日本での読み聞かせ絵本タイトル紹介

・「ブレーメンのおんがくたい」

・「ナイチンゲール」
・「つるのおんがえし」
・「さんびきのこぶた」
・「はなさかじいさん」
・「かさじぞう」
・「はくちょうのおうじ」
・「ヘンゼルとグレーテル」
・「みにくいあひるの子」 他

 

※読み聞かせいただく著名人の方々につきましては、こちらをご参照ください。

https://www.savechildren.or.jp/scjcms/press.php?d=3257

 

■読み聞かせ動画の視聴について

2020年5月20日(水)から6月30日(火)の間に、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの運営する公式InstagramおよびFacebookページで、動画が順次アップロードされます。

動画は下記の各SNSページでご視聴ください。

Instagram:https://www.instagram.com/savethechildren_japan/

Facebook:https://www.facebook.com/SCJ.SavetheChildrenJapan

※動画の公開は2020年12月末までの予定です。

 

また、一部の投稿はセーブ・ザ・チルドレンUSA のキャンペーンアカウントでも動画配信される予定です。

https://www.instagram.com/savewithstories/

 

当社のコンテンツが、全国の親子のみなさまへ、少しでも楽しい時間を提供できることを願っています。

 

■セーブ・ザ・チルドレンとは

すべての子どもにとって、生きる、育つ、守られる、参加する、「子どもの権利」が実現されている世界を目指して活動する子ども支援の国際NGOです。1919年に英国で創設され、現在、日本を含む 29 の国と地域の独立したメンバーが連携し、約120ヶ国で子ども支援活動を展開しています。

URL:https://www.savechildren.or.jp/

 

■絵本アプリ「森のえほん館」

500冊以上が定額で読み放題の読み聞かせ絵本アプリ。

これまでに累計4,000万回以上読まれています。

URLhttp://ehonkan.jp/

対象年齢:6か月~6

 

iOS版:https://apps.apple.com/jp/app/id605346659

月額360円(初回7日間無料)

Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.kidsstar.app.PictShandyGaff

月額350円(初回10日間無料)

  

【株式会社アイフリークスマイルズ 会社概要】

会社名       株式会社アイフリークスマイルズ

代表者       代表取締役社長 上原 彩美 (うえはら あやみ)

設立        2013年4月

所在地       東京都新宿区新宿二丁目1番11号 御苑スカイビル10階

事業内容      女性向けアプリ・知育アプリの企画、開発、運用及び販売

          女性専門のSES事業(ITサポート、ITエンジニア)

URL        https://smiles.i-freek.co.jp/ (コーポレートサイト)

 

【株式会社アイフリークモバイル 会社概要】

会社名       株式会社アイフリークモバイル

          (東京証券取引所 JASDAQ市場上場 証券コード:3845)

代表者       代表取締役社長 上原 彩美 (うえはら あやみ)

設立        2000年6月

本社        東京都新宿区新宿二丁目1番11号 御苑スカイビル10階

事業内容      コミュニケーションコンテンツ事業、ファミリーコンテンツ事業

          コンテンツクリエイターサービス事業、IP事業

URL        https://www.i-freek.co.jp/ (コーポレートサイト)

 

 

【本プレスリリースに関する報道機関の方からのお問い合わせ】

株式会社アイフリーク モバイル 広報担当

電話: 03-6274-8901 Fax: 03-6274-8902

 

※本リリースに記載の事項は発表日時点での最新情報となります。

※メールでのご連絡は株式会社アイフリーク モバイルお問い合わせフォーム(https://www.i-freek.co.jp/contact)内「当社全般に関するお問い合わせ」よりご連絡下さい。

※各社の社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

一覧に戻る

PAGE TOP