プレスリリース

プレスリリース

2012.8.8

“FUJIWARA 藤本/博多華丸/宮川大輔/ペナルティ ヒデ/品川庄司 庄司  COWCOW よし・多田/パンクブーブー 佐藤/インパルス 堤下” よしもとパパ芸人が子どもたちに作った「パパコ絵本」8作品を iOS/Android絵本アプリ『こえほん』で独占配信! ~ 8月8日(パパの日)に、8作品イッキに公開 ~

“FUJIWARA 藤本/博多華丸/宮川大輔/ペナルティ ヒデ/品川庄司 庄司 COWCOW よし・多田/パンクブーブー 佐藤/インパルス 堤下” よしもとパパ芸人が子どもたちに作った「パパコ絵本」8作品を iOS/Android絵本アプリ『こえほん』で独占配信! ~ 8月8日(パパの日)に、8作品イッキに公開 ~

 

モバイルコンテンツやEコマース事業を運営する、株式会社アイフリーク(以下、当社)は、絵本アプリ『こえほん』内にて、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの「PaPaPARK!」と、広告会社電通のクリエーティブユニット「汐留イノベーションスタジオ」が推進する「PaPaCo Design Project」との共同企画、パパと子どもが一緒に楽しめる絵本「パパコ絵本」を8月8日(パパの日)から独占で配信開始いたします。

iPhone/iPad/Androidで楽しめる『こえほん』の「パパコ絵本」特設ページ

http://www.pict-box.com/app/

<よしもとパパ芸人たちが子どもたちに作った絵本>

 

■パパコ絵本とは
近年、父親の育児参加のあり方への関心が高まっていることを背景に、父子のコミュニケーションや学び、エンターテイメントについての発信を続ける「PaPaCo Design Project」と「PaPaPARK!」の両者は互いの活動に共感し、オープンイノベーションの一貫として「コミュニケーションのプロ」である広告会社電通のクリエーターと、「笑いのプロ」であるパパ芸人がタッグを組んで、パパが子どもに読んであげたい「パパコ絵本」をつくりました。
また、絵本アプリ『こえほん』は、「PaPaCo Design Project」と「PaPaPARK!」の両者から、親子のコミュニケーションを創出できる最適な配信プラットフォームとして共感いただき、「パパコ絵本」と共同した企画としては『こえほん』内で販売されます。
今回、参加したパパ芸人と電通クリエーターは全8チーム。すべてのチームがセッションを繰り返し、親子で一緒に読んで笑顔になれることは何か?父親として伝えたい大切なことは何か?を考え、それぞれにオリジナリティ溢れ、想いが詰まった絵本として、8作品をラインナップすることができました。これらの作品は、デジタル絵本として、アプリ『こえほん』内で、パパ芸人の朗読付きで購入することができます。

※「パパコ絵本シリーズ」作品の入手方法
絵本配信アプリ「こえほん」内で購入することができます。「こえほん」は、iPad/iPhone/iPod touch/Android各端末から「こえほん」と検索してインストール(無料)してください。

■「パパコ絵本」作品ラインナップと作品への想い

 

○『なんかへん』作・朗読:藤本敏史(FUJIWARA)

構成:竹葉理沙(電通) 絵:志喜屋徹(電通)
産まれてくる自分の子供と僕が、絵本を使ってコミュニケーションをはかっている姿を想像しながら作っていました。自分の絵本でパパやママが子供と色んなコミュニケーションをはかってくれたらなとすごく思います。
(FUJIWARA 藤本)

○『ねむたくなるえほん』作・絵・朗読:宮川大輔
構成:松村心平・田代浩史(電通)
「どんな絵本にしたら子どもは喜んでくれるだろう」と考えながら絵本を作るというのはすごく楽しかった!僕の絵本でちょっとでもみなさんのお役に立てればなと思います。実際に自分の息子にも早く見せたいです。
(宮川大輔)

○『1+5=いちご』作・朗読:佐藤哲夫(パンクブーブー)
構成:宮下裕介(電通) 絵:道寄浩美(電通)
お子さんたちが「さんすう」「こくご」を楽しんで学びたくなる、そして、ことばの組み合わせってオモシロいなって感じて、おもしろい単語を探したくなるような、そんなきっかけになってもらえたらなぁと思います。
(パンクブーブー 佐藤哲夫)

○『つつみのしたはなんだブー?』作・朗読:堤下敦(インパルス)
構成:村井陽介(電通) 絵:兒島麻美(電通)
自分に子供が出来るまで絵本に関心が無かったのですが、自分に子供が出来て、子供に聞かせたいと言う気持ちが芽生え楽しく作りました。音楽と絵で楽しめるものになっていますので、親子ともに楽しんで欲しいです。
(インパルス 堤下)

○『つよくなるにはどうするの?』作・歌:庄司智春(品川庄司)
構成:佐藤大悟(電通) 絵:久保田絵美(電通)
とてもファンタジーでロマンチックなお話だと思いますし、歌で物語が進んでいくところが、すごく耳に残るキャッチーなメロディーなので、ぜひパパとママで歌ってお子さんに聞かせてあげて欲しいですね。
(品川庄司 庄司智春)

○『バイバイねこバイ』作・朗読・歌:博多華丸(博多華丸・大吉)
構成:川端明成(電通) 絵:大嶌美緒(電通)
こんな絵本が出来るなんて、さすが東京だなと(笑)。方言を使った絵本なので、どれだけ子どもたちに届くかなと思うところもありますが、マネしやすいフレーズなので楽しんで頂けると思います。(博多華丸)

○『さかさになっちゃった!』作・朗読:多田健二/山田與志(COWCOW)
構成:島森奈津子(電通) 絵:糸乘健太郎(電通)
セールスポイントは、さかさになって変化が楽しめるようになっていて、そのイラストがかわいいところ。言葉遊びをしながら文字を覚えたりとか、さかさ言葉の楽しさが分かって頂けたらなと思います。(COWCOW 山田)
言葉の響きの面白さを楽しんでいただけると思います。あとは僕らも登場していますので、ぜひ注目して見てください。僕の子供はまだ10カ月なんですけど、早く大きくなって見せたいなと思います。(COWCOW 多田)

○『ママにはないしょだよ』作・朗読:ヒデ(ペナルティ)
構成:八木田真史(電通) 絵:柳瀬誠(電通)
娘や妻を改めて想い、大切な時間を過ごせました。きっと自分も両親に愛されていたのだろうなと何故か考え、両親の事も大切にしたいなと思いました。育児のきっかけ、お子さんとのコミュニケーションツールになれば幸いです。
(ペナルティ ヒデ)

 

■8月8日パパの日「パパパークin六本木ヒルズアリーナ」にて完成披露発表会を実施

リリースを記念し、『パパ芸人が作った「パパコ絵本」8冊イッキに大発表会!』と題した完成披露発表会を、8月8日(パパの日)11時から、六本木ヒルズアリーナにて開催します。会場ステージでは、パパ芸人たちが自ら作品の魅力を伝えるプレゼンテーションを行います。また、会場内には「パパコ絵本」シリーズの作品をタブレット端末で、実際に見て楽しんでいただける展示ブースも設置します。

 

■こえほんは50万ダウンロードいただいております(http://www.pict-box.com/app)

 

 

「こえほん」とは、アンデルセンやグリムなど世界に伝わる名作童話や、日本の昔ばなし、オリジナル作品など200冊以上の紙芝居風絵本が購入できる、無料アプリです。家族みんなで声を録音して楽しめ、録音した声は家族の思い出として記録することができます。
Android/iPhone/iPad教育カテゴリの1位を獲得するなど、大変ご好評をいただいております。
昨年2011年2月9日のリリース以来、電子書籍時代の新しい読み聞かせのかたちとして、親子間のコミュニケーション創造や、子どもたちの情操教育に役立つと評価をいただき、iOS/Androidあわせて約50万もダウンロードいただいております。現在は大人気アーティストの「PUFFY」や「トータス松本」有名キャラクターの「ウルトラマン」「さくらももこシリーズ」など、さまざま種類の絵本を配信しています。

 

ダウンロード方法
▽iPhone/iPad/iPodの方はコチラ▽
http://itunes.apple.com/jp/app/id417664236
▽Androidの方はコチラ▽
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.i_freek.koehon
※アプリ「こえほん」のご利用条件(iPhone、iPod touchおよびiPad互換 iOS 4.0.0以降/Android 2.2以降)

絵本アプリ「こえほん」に関するお問合せ先
株式会社アイフリーク PICVO事業部
〒107-0052東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー東館11階
TEL :03-6743-3000
担当:中尾( crepos@i-freek.co.jp )

 

■PaPaPARK! (http://www.papapark.jp/)
「もっと子供と遊びたい!」「もっと子供の笑顔が見たい!」そんなパパたちが集まる公園みたいな場所、それがパパパーク!子育ての楽しさをよしもとパパ芸人と一緒に発見・共有する取り組みが盛り沢山。ママの参加も、もちろんOK!親子で参加できるイベントや芸人と楽しく学べるワークショップ、パパやママの本音トークの生放送、から子育てグッズの開発など「みんなで笑ってハッピーに♪」をテーマに色んな活動を行っています。

 

■汐留イノベーションスタジオ(SIS) ( http://sis-web.jp )
SISは、次世代型事業シーズの創造と発信を行っていくために立ち上げた広告会社電通のクリエーティブユニットです。パパと子どものコミュニケーションツールをつくる「PaPaCo Design Project」をはじめ、ジブンCMが作成できる「ClipCM」サービス、楽しみながらドネーションができるしくみ「ぷちドネ」などのプロジェクトを次々に展開中です。

 

■PaPaCo Design Project ( http://papaco.jp )
パパと子どもの関係性を見つめ直し、新しいコミュニケーションを生むためのツールを開発・発信しているプロジェクト。これまでに、世界遺産である奈良県吉野の森の端材や間伐材を使ったおもちゃブランド「PaPaCo YOSHINO」、ダンサーで振付師のパパイヤ鈴木さんと共同開発した、ダンスが誰でも簡単におどれるメソッド「カズフミくん」など、様々な活動を行っています。電通のクリエーティブユニット「汐留イノベーションスタジオ」の活動のひとつ。

 

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社アイフリーク 東京支店 経営企画ユニット 広報担当
電話   :03-6743-3000
Facsimile:03-6743-3001

※報道機関のご担当者様・出版会社のご担当者様・証券会社/アナリストの皆様向けに、当社PR・IR情報を随時配信しております。当社からの配信をご希望の場合は、お問い合わせフォーム(http://www.i-freek.co.jp/contact )よりお申し込み下さい。

一覧に戻る

PAGE TOP