株主・投資家情報

IR活動方針

■ディスクロージャーの基本方針

当社は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまから信頼されるディスクロージャー体制の確立に努め、適正、公正、迅速な情報開示を行ってまいります。

 

 

■情報開示の基準

当社は情報開示にあたり、法令や当社の株式を上場している金融商品取引所の規則を遵守し、法令・規則によって開示を求められる情報を開示します。また、諸法令ならびに適時開示規則に定める開示基準に該当しない場合でも、株主・投資家の皆さまの投資判断に実質的な影響を与えると考えられる情報や、当社への理解を深めていただく上で有用と考えられる情報は積極的に開示します。

 

 

■情報開示の方法

東京証券取引所の適時開示規則によって開示の定めのある情報については、同証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて開示します。また、その後すみやかに、当社ウェブサイトにも同一の情報を掲載いたします。適時開示情報に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆さまにとって有用な情報については、迅速かつ公平に当社ウェブサイト等に、当該情報を掲載します。

 

 

■将来予測する情報開示について

当社が開示する将来予測に関する情報(当社ウェブサイトに掲載内容を含む)には、作成時点における計画や予想および戦略について、一定のリスクや不確実性が含まれる場合があります。

 

 

■風説の流布に対する対応

当社の評価、業績予想等を含む各種情報についての風説の流布に対する問い合わせには、原則としてコメントいたしません。ただし、放置した場合に当社に重大な影響があると判断される場合には、必要に応じて適切に対処いたします。

 

 

■沈黙期間

当社では重要情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、原則として各四半期決算期日の翌日から当該四半期決算発表日までをIR自粛期間としています。同期間中は原則として決算に関連する情報の開示および関連するコメントの授受、関連質問への回答などを控えることとしています。

尚、既に公表されている情報に関する問い合わせについてはこの限りではありません。

PAGE TOP