I*FREEK/株式会社アイフリーク モバイル

message社長メッセージ

皆さまへ
上原彩美よりご挨拶

代表写真

誰かをhappyにすることで、自分もhappyになる
想いを伝えて、世界を変える

アイフリークグループは、「誰かをhappyにすることで、自分もhappyになる」という世界を、信じています。この姿勢は、デコメサービスを展開していた創業当時から変わることがありません。相手を幸せにしたいという想いが伝われば、それが回り回って自分にも返ってくる。そんな世界を実現しようと、創業以来、人をhappyにするサービスを提供することに、全力で挑戦してきました。

どうすれば人はhappyになれるのでしょうか。それは、自分の「好き」を見つけられた時、そして、その「好き」を通じて、誰かを笑顔にできた時ではないでしょうか。私たちは、その変化をコンテンツとテクノロジーの力で起こしていきたいと思っています。

例えば、知育コンテンツサービスでは、子どもたちが「本当に好きなもの」を、多様な選択肢の中から見つけられるようなアプリサービスを、コンテンツとテクノロジーの力を活用し展開しています。「本当に好きなもの」を見つけられた時、その子は笑顔になり、また親御さんも笑顔になります。そのようなサービスが広がれば、子どもも大人も、もっと広い世界観のもと、多様性を認めあえる社会や会社を作れるのではないでしょうか。

多様な選択肢の中から、自分らしい姿を見つけ出すことは、大人も一緒です。コンテンツクリエイターサービスでは、クリエイティブ・エンジニアが、さまざまな環境でスキルアップしながら、自分が心惹かれるプロジェクトに参加し、クライアントを笑顔にすることができます。一つの会社のサービスを作りながらスキルアップするのも選択肢ですが、多様なプロジェクトを通じて、多くの人々をhappyにするという選択肢も、私たちは作りたいと思っています。他社サービスであっても自社サービスであっても、相手をhappyにするという意味では同じことだと考えています。

「迷ったら、相手をhappyにする選択をする」。これが、アイフリークモバイルの全てのサービスに貫かれる考え方です。私たちが生み出し提供するコンテンツやサービスは、必ず誰かをhappyにするものでなくてはなりません。この姿勢を通じて、happyは誰かに伝わり、世界を変え、最終的には私たち自身に返ってくるものだと思います。私たちは、サービスを提供する時、常に私たちのユーザー、そしてクライアント一人ひとりの笑顔を具体的に意識し、その方々の気持ちとともにありたいと考えています。そうすることで、happyは伝わり、つながり、そして広がると思います。

人をhappyにすることに全力を尽くす。そのことで想いは伝わり、世界は変わる。その方法は、無数にあると思います。私たちは、コンテンツとテクノロジーを使って、常に最先端に挑戦していきたいと思います。創業当時のデコメも、最先端の領域へ挑戦した結果でした。新しい挑戦を、コンテンツとテクノロジーを使って実現する。そのために必要な「創造力」こそが、私たちの一番の強みだと思っています。

そしてその挑戦は、きっと「ワクワク」するものだと思うのです。誰かをhappyにするために、ときに試行錯誤しながら、価値を「クリエイティブ」に創造する。その挑戦をしながら、私たち自身がhappyを感じていきたいと思います。

私たちは、この想いに共感する多くの方々とともに、この世界を実現していきたいと思います。私たちのコンテンツやサービスを利用してくださるユーザー、クライアントの皆様、私たちの作りたい世界を一緒に作ってくださる投資家の皆様、そして、1万人を超えるクリエイターを含む、私たちとともに働いてくださる皆様。全ての方々とともに、私たちは、誰もがhappyになれる世界を実現していく覚悟で、事業を進めてまいります。

pagetop